おいしいコーヒーの淹れ方

美味しいコーヒーを飲むことは、それほど難しいことではありません。(奥は深いですが…) 焦らず、慌てず、急がず、落ちついてじっくりトライしてみて下さい。 特に、checkは、じっくり読んで下さい。

ペーパーフィルター

irekata01

準備するもの

・サーバー
・ドリッパー
・フィルター
・軽量スプーン
・やかん

*写真のようにセットして下さい。
サーバーとフィルターは、それぞれのサイズによって大きさが異なります。

まず、間違っていないか確認して下さい。

お湯を沸かす

やかんにお湯を入れ、100度まで沸騰させます。
checkやかんですが、小学校にあった様な大きくて、お湯がドバドバ注げちゃう、やかんは禁物です。 口先の小さなものがベストです。(最近はホームセンターのコーヒー器具コーナーでもみかけます。)

道具をセットして豆を入れる

サーバーの中にフィルターを敷き、軽量スプーンでコーヒー豆を中に入れます。
軽量スプーン1杯の量は、約10g(コーヒー1杯分)です。

お湯をのの字に注ぎ、蒸らす

沸騰したお湯をサーバーに、注ぎます。
checkお湯を注ぐ時、ひらがなの『の』の字を書くイメージでお湯を注ぎます。

そして、ここで更にチェックです。
蒸らしを行います。お湯を注ぐと、豆がプア~ンと膨らんできます。膨らんでから30秒程、お湯を注がずに蒸らして下さい。蒸らす事で、抽出されやすくなります。

お湯を更に注ぐ

最初と同じように『の』の字をイメージしながら、お湯を注ぎます。 少しづつ、注ぐお湯の量を増やしていって下さい。
check注ぐお湯の量を増やす。もう少しで終わる、と慌てて沢山注いだり、全体をいきわたるようにと、フィルターの隅々までお湯をそそぎたくなりますが、禁物です。隅までお湯を注ぐと、味が薄くなってしまうからです。

抽出をやめる

いつまでも抽出していては味が薄くなってしまいます。基本として軽量スプーン1杯は、コーヒーカップ1人分です。
ですから、よくばって「沢山飲むぞ!!」とお湯を注ぎすぎてはいけません。
そのために、ドリッパーにメモリがついているのです。
check私が試した所、『の』の字を、ゆっくり4~5回がちょうどよいタイミングでした。