皆さんが飲んでいるのはどんな珈琲??

6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_s

おいしい珈琲

「珈琲って苦いのよね・・・」
「珈琲って胃がもたれるのよね・・・」
「珈琲って砂糖とミルクをドバッと入れなきゃおいしくないのよね」
「珈琲って砂糖入れるからあたしはあまり飲まないよ」

って言われたことがあります・・・

aji今から10年ほど前、お店のオープン準備をしていた頃の話です。
(実は私は、入社したばかりでした)
近所の住宅団地にオープンセールのチラシをポスティングしていた時です。「あら!? 自家焙煎 コーヒー豆 のお店なんだ。アッでも、私珈琲ダメなのよ・・だって、砂糖を沢山入れなきゃ飲めないし、後で胃がもたれちゃうから・・チラシは頂くけど、ごめんねお店には行けないワ・・・」
と、こんな体験をしました。

開店前だけあってその時はとても不安になりました。
静岡県は全国でもトップレベルのお茶の生産量を誇る場所ですので、当然飲み物に関しては厳しくチェックするはず・・・
会社に帰ってミーティングの時に、そのことを報告しました。その時、あることを聞きました。
それは、茶匠が 自家焙煎 コーヒー豆 の販売を始めるキッカケになった事です。

最近、日本は コーヒー豆 の輸入・消費量が伸びている。
喫茶店やファーストフードのお店も増えて、今後その勢いはますます加速していくだろう。
しかし、肝心な珈琲なんだが・・・これの味がどうも納得行かないんだ。日本の食文化は繊細で、世界にもそれは認められている。お茶に関しても、そのこだわりはみんなの知っての通りだ。

しかし、珈琲に関して言えば、まだまだインスタントが主流で、本当においしい『出来立て珈琲』を飲める場所が少ない。焙煎してから一ヶ月もすれば、香りは抜け、油がまわり極端に苦味が出てくる。
それを、今の日本人がいつまでも満足して飲んでいるわけがない。
もし、今日訪問したお客様がそういったのなら、「お客様がどんな珈琲を飲んでいるか」教えてもらってみればいい。

掛川一風堂の作ろうとしている豆は、 自家焙煎 したての出来立て コーヒー豆 だ。 と、教えられました。その時に知りました。 豆は鮮度が大切なんだ!鮮度が命なんだ!! そして開店を迎え、現在に至っております。
茶匠の言うとおり、「掛川一風堂の珈琲を飲んで始めておいしい豆に出会えた!と思えました。」「もう他のお店では買えません!」 などのたくさんの嬉しいお言葉を頂きました。

\(~o~)/チェックポイント1(●^o^●)

コーヒー豆は農作物です。焙煎してから、一ヶ月近くたつと、味が落ちてきます。苦味・酸味が極端に強くなり、おいしくはありません。鮮度の落ちたフルーツをどんなに美味しく食べようとしても、採れたてに勝る物はありません。コーヒー豆とお茶の葉の最大の共通点は、【鮮度】が大切であるということです。